先史時代に・・・

人々は、自然環境の中で生きていく上で様々な理由によって
負傷して瘀痛(疼痛)や腫痛に苦しむときに、
手で撫でたり擦ったりすることによって、
外傷による瘀痛を散らして腫れをひかせて
痛みを和らげる効果があることを発見しました。

 

日本にmassageが入ったのは明治20年代

当時の業界の指導者は、こぞってマッサージの学理と実技の研修に努め、

古来の按摩法とマッサージを総合し、ヨーロッパには見られなかった日本独特の手技を作り上げました。

 

マッサージの語源

 

ギリシャ語マッシー(揉む)
または、

アラビア語マス(揉み込む)
に、

フランス語アジ(操作する)

という語尾が付いた造語とされています。


massageはフランス語で
マサージュと読みます。

 

日本においては
明治時代、

軍医である橋本乗晃がフランスのマッサージを視察し、研究しました。
その後、日本にマッサージを医療法の一つとして
按摩(あんま)が導入されました。

 

按摩とは

按摩のとは「押さえる」

とは「なでる」

という意味の、中国発祥の手技療法です。