未分類

金魚の命と生命力

金魚の命

金魚はどのくらい長く生きられるのでしょうか。

長くて10年から15年も生きるそうです。

家で飼っている金魚は長くても3年と言われており、水槽の手入れ次第ですが、早くて1年で亡くしてしまうことがほとんどだそうです。

さて、私は自宅で金魚を飼い始めました。

家の中ではなく庭で飼い始めました。

大きな子供用の水遊びのプールにたくさんの石を入れ、そして底には人工芝生をひき、

水を入れて

6匹の金魚飼っています。

今は7月で日差しはとても強くなり、日中の温度が35度を超えてしまう日もあります。

今年は梅雨が遅く、最近まで雨が続き

水槽の上にある木の手入れもしていなかったため、

たくさんの枯れ葉が落ちて水槽が汚れてしまったので、金魚を 一時的に小さなバケツに移し、

仕事の合間に時間を見つけて大きな水槽の掃除をしました。

掃除をするまでの空白の2日間、何があったの?

金魚の頭に赤い点が!!

これは危ないと思い、

小さなバケツの水を綺麗に入れ替え、

急いで掃除をして  翌日に綺麗な水槽に戻してあげることができました。

そして、すごい変化が!

金魚たちはものすごく元気に泳ぎ、水槽を綺麗にした翌日は、本当に見違えるようなスピードで始めました!

そして赤い頭の点がうっすらと消えて薄くなっています。

赤い点の原因は…

◆水質の悪化

◆過度の水温変化

◆過密飼育

◆餌の与えすぎ

◆水換え不足

など。

毎日餌を与えるだけでなく、水温や水質の状態まで見ておらず、反省しました…

 

赤い点は

免疫力が低下した金魚に発生するそうです。

これが水槽を綺麗にして1日の変化ですが、

これからどのように変化していくか、

金魚の成長をこちらのブログにアップしていきたいと思います。

スリランカ人はキャンディと呼ばない

雫のような形をしたスリランカの国。そのちょうど真ん中あたりにある’’キャンディ’’Kandy という地名。

なんだか可愛らしい名前ですよね。

 

スリランカの現地の人々はこの地名をキャンディとは呼びません。

 

スリランカに住む人々は、キャンディではなくヌワラと呼びます。

 

キャンディと呼ぶのは、国外の人々たち。

 

では、何でヌワラと呼ぶのでしょうか。

ヌワラとは’’  メインの という意味だそうです。

 

町や首都はスリランカのシンハラ語でアガといいます。

 

スリランカでアガヌワラと言えば、メインの町という意味です。

日本のアガヌワラは東京となります。

 

1592年から1815年のイギリス統治までの約200年間、キャンディはスリランカのメインの街、首都として栄えたのです。

スリランカのカレーリーフ

カレーリーフの意外と知られていない効能効果

スリランカカレーといえば、

基本となるのは濃い緑色をした香り強いカレーリーフ。

カレーリーフはその国々で色や香りが違ってきます。

例えばタイで育つカレーリーフは、黄緑系の色をしています。スリランカはというと、とても濃いグリーンカラーでカレーリーフ特有な深い香りがします。

 

福岡のスリランカカレー店 ヘラ味屋では、様々な効能効果のあるハーブやスパイスを使用していますが、カレーリーフだけでも以下のような効能,栄養があります✩.*˚✩.*˚

❁⃘*.゚↓↓

 

◻️効果

消化を整える・消化性潰瘍

皮膚疾患

糖尿

胃腸の機能をサポートする

抗酸化作用

下痢

つわり

ヘアケア

コレステロール

高血圧

肝機能のサポート

 

◻️栄養素

カロテン、ビタミンA、ビタミンC、カルシウム、プロテイン、炭水化物、マグネシウム