紅茶の始まり

日本のある伝説のよると・・・

瞑想を始めようとした釈迦が、眠気に襲われるの防ぐために、
自分の両まぶたを剥ぎ取りました。
まぶたが落ちてきた場所に奇跡的に緑の生い茂る茶の木が
2本生えてきたそうです。