冷え性改善や冬の悩みに効果的な○○とスリランカカレー 15分で出来る魚カレーの作り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

随分と寒くなってきましたね…

 

時間が経つのも本当に早いもので、今年はもう終わりにかけています。

 

11月半ばも過ぎたので、これだけ寒いのは当たり前ですね。

外の気温は11度!!

部屋に入ると暖房は絶対欠かせない!

暖房つけていても手足が冷たい冷え症な私です…。

 

スリランカ人の夫は、寒さがとっても苦手で、最近なんだか調子が悪いです。

夫いわく、

しょうがを細かく刻んでハチミツをブレンドして、それをそのまま口の中に入れて飲み込むのですが、これが咳や痰にいいとか。

 

冬の様々な体調の問題を減らす作用があるんです。

冷え性の改善にも役立つので、瓶に入れて作り置きしておくと便利です。

生姜は発汗を促して冷えを改善し、喉の炎症や風邪、鼻水、頭痛などの症状が出ている時にとても有効です。

蜂蜜はしょうがの苦味を和らげるので、一緒に摂ることで食べやすくなります。

作ったら、大さじスプーン1~2杯程度食べて、ホットティーなど温かい飲み物を飲むと、体温を上げてより吸収されやすくなるのでオススメです。

 

昨日の夜、魚カレーを作りました。

みなさん、

魚カレーというとどんなカレーを思い浮かべますか?

 

色は?

味は?

出来上がりの見た目は?

 

油を一切使いません。

 

さて、どんな味に仕上がるでしょう?

 

<スリランカの魚カレー>

材料は、

玉ねぎ

トマト

ココナッツミルクパウダー

カレーリーフ

コショウ

ターメリック

チリパウダー

カレーパウダー

鯖缶

(好みでレモン)

 

まず、少しのお湯をカレー鍋に投入して、ココナッツミルクパウダーを大さじ二三杯程度入れて混ぜます。

ぐつぐつ煮たせたところで、

玉ねぎ.トマト.カレーリーフを投入します。

次にスパイスであるカレーパウダー 大さじ2杯(サバの量に合わせて分量を多くしたりもします)

ターメリックは大さじ1杯

胡椒は好みの分量入れます。

チリパウダーは大さじ一杯も入れないくらいでいいと思います。(辛いの大好き、激辛にしたいっていう方は大さじ2杯以上入れてもいいかも)

 

鯖を投入して

あらかじめぬるま湯で溶いた、ココナッツミルクパウダー約40gくらいを入れて沸騰させます。

ぬるま湯の分量は200ミリリットルぐらいです。

そして、お水の分量が足りないと思えばさらに足します。

 

味を何度も見てスパイスの分量を調整するのがポイントです。

出来上がって最後に’’レモンを絞る’’ことで味がしまり美味しく仕上がります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*