トリパラーの飲む時期とタイミング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

アーユルヴェーダの三つのドーシャ全てを調整するハーブの粉末である、’’トリパラー’’

 

<トリパラーのハーブ粉末は以下の3種が含まれます>

アーマラッキー  [Embelica officinalis]

*ピッタ エネルギーの調整効果がある

 

ハリーターキー [Terminalia belerica]

*ヴァータ エネルギーの調整効果がある

 

ビビーターキ [Terminalia chebula]

*カパ  エネルギーの調整効果がある

 

トリパラーの飲む時期やタイミング

 

夕方に飲むのが最も良いと言われています。

少なくとも食事の1時間半から2時間後

就寝の半時間ほど前に飲みます。

そして飲んだあと1時間半ほどの間は物を食べてはいけません。

 

1日の制限量はティースプーン1杯程度、

約5ミリリットルです。

 

■トリパラーをカップに入れて熱を注ぎ5分間置いてから飲みます。 漉しても漉さなくてもok

■鍋にトリパラーとカップ1杯半ほどの水を入れて、20分間弱火でコトコト煮ます。もっと濃くしたい場合は、時間を長くします。そして漉して飲みます。

 

どちらの方法でもかまいません。

 

はじめは、ティースプーンの分の1から2分の1の少量から始めて、徐々に増やしていくのがオススメ。

 

腸にたまっていた、

古いガスが排出するため、飲み始めは排出するガスが増えるかもしれません。

 

※下痢を起こしている時、又は妊娠中は、トリパラを飲むのは避けます。

 

 

アーユルヴェーダの知識とアーユルヴェーダに基づいた自身に合う食事を組み合わせて、多くの方が 心も身体も健康になれるようにと思っています。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*