Ayurvedaを知ることで・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アーユルヴェーダの考え方

アーユルヴェーダのドーシャの診断は、
スピリチュアルなものでなく、統計学的な現実性のある考え方ですので、
積極的に自分のドーシャを知り、健康的な体を作るための一つの手段として、
積極的に取り入れたいものです。

 

年齢とドーシャ

年齢とドーシャには関係があります。
体質の中では一つあるいはもしかすると二つのドーシャが優勢ですが、
子供時代には”カパ”が、中年では”ピッタ”が、
閉経以降老年期では”ヴァータ”が比較的強まるのを感じます。

 

特性や素質を知るにはストレングスファインダー
自分の体質や身体を知るにはアーユルヴェーダ

人々がストレングスファインダーによって、自分の特性を知り、 自身の良いところを伸ばしたり活かしたりするのと同様に、
アーユルヴェーダを知ることによって 人々の体の中も同じで,
自分は誰とも違っていること、そして健康を維持するためには自分に何が必要なのか、また、年齢や季節や生活環境によって必要なものも変化するのだということを理解するようになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*