アーユルヴェーダの朝の日課

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アーユルヴェーダの朝の日課

皆さんは朝起きてすぐどのようなことを頭の中で巡らせますか??
毎日違うことを考えているのでしょうか。

もし毎日、頭の中に、
朝一番に起きてすぐ考える内容が同じような内容だったら、
それはどのような内容でしょうか?

ネガティブですか? ポジティブですか?

今日1日やることをすぐに考え始めますか?

もしネガティブなことを頭に巡らせてしまって、
「毎日朝起きるのが辛い」 という方がいらっしゃるのであれば、
紙に、何が問題なのか何が不安なのか を書いてみましょう。


実はそれがあなたの[課題]となるのです。


日常生活の中で 何かしらの問題にぶつかった時、
私たちはネガティブな感情に振り回されてしまうことがあります。
ですが それをそのネガティブな感情で 終わらせてしまわないことが、 とても大切なのです。

早速今から是非試してみてください。

 

そのネガティブな感情は、自分自身の思考をコントロールするスイッチとなります。

なぜそのようなことが生じたのか、それについて自分が働きかけ、 コントロールができないか
という思考をスタートさせてください。

そして 問題解決のためにいくつもの情報と選択肢を集め、行動してください。

そしてそれを繰り返してください。

アーユルヴェーダでは、

早朝はヴァータが働く時間です。

骨盤にあるヴァータのエネルギーは、尿と便を排出する役割があります。

 

アーユルヴェーダではナチュラルな排便、は早朝に、

ナチュラルに目覚めた直後に起こるべきであると説いています。

適当な排出と同様、 他の重要な日課としては、

ストレッチや運動、短時間の呼吸観察などがあります。

これらは全て、心と体にあなたの栄養分や経験を取り入れる準備となるのです。

 

特に朝の運動は体の代謝を調節するのに役に立つため、

ストレッチや軽い運動・ヨガを心がけましょう

 

ネガティブな感情が出やすい方は、その感情が和らぐでしょう!
試してみてください

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*