Ayur(生命)veda(科学)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アーユルヴェーダは[生命の科学]

よくアンチエイジングや美容のお話で、
[アーユルヴェーダ]という言葉が度々出てきますが、
アーユルヴェーダって何なのかを、詳しく調べたことが無い方が多いのではないでしょうか。

前の記事で書いたように、アーユルヴェーダには「体質」というものがあり、
人々は、他の誰とも違った固有の体質を持って生まれており、
その体質は私たちの存在そのものであると同時に
健康のバランスを保つための基礎となるものです。
アーユルヴェーダはサンスクリット語で
[生命の科学]という意味。
アーユル(Ayur)が生命
ヴェーダ(Veda)が科学もしくは知識
を表します。
そして三つのドーシャのバランスが大事と述べましたが、
まず自分の体質を知ることから始めましょう。

体質がどのようにして決定されるのか??

あなたの体質は、あなたが生を受けた時の両親のドーシャの状態によって決まります。
なぜなら両親の体験の質がその体の細胞の一つひとつ、精子や卵子にまでもたえず影響を及ぼしているからです。
例えば妊娠した時、父親の精子のピッタが母親の卵子のカパより強ければ、
その赤ん坊はピッタの体質を持ち、カパはその次に優勢な要素となります。
もしも卵子のカパが優勢なら、赤ん坊はカパとなり、ピッタが次の要素となるわけです。
妊娠中の様々な要因、食生活だけでなく心身の健康状態、出産時の状況などが
赤ん坊の体質に二次的な影響を及ぼす可能性も忘れてはいけません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*