自分のドーシャを知る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界最古の医療”Ayurveda”

「世界最古の医療」として知られている、

古代ヒマラヤで生まれたアーユルヴェーダには、

人は何を食べ、どう暮らし、病になるのを防ぐか、

そのための知恵がたくさん詰まっています。

診るなら「症状」よりも「その人」であるのです。

 

まずは自分のドーシャを知りましょう。

 

↓↓

風 Vata (ワータ)

このドーシャのバランスが崩れると、高血圧や心臓の病気、うつや頭痛などを訴えるようになります。 メンタル面では緊張したり心配症になりやすいので、そんな時はリラックスをすること。 食事や入浴などで体を温めることで早めにバランスを取り戻すのが最適です。辛いものは控えめにするのがベストです。

↓↓

火 Pitta (ピッタ)

している時は愛情深くそれをストレートに表現できます集中力もあり周囲が驚くほどのスピードで何かを出しておりますただバランスを崩すと奥にありその精神を人に対して剥けるようになってしまいますそうなってしまったらアルコールや塩分は控えましょう

↓↓

水 Sema (セマ)

このドーシャのバランスが崩れると、糖尿病・高血圧やアレルギー性疾患に悩まされがちです。おおらかというより周囲からは鈍く見えてしまうことも。

本来は得意なはずの倹約も疎かになり、運動不足に陥りがちになります。

セマが増えていると感じたら、油脂分や乳製分、甘いものは控えめに。

入浴で体を温め、適度に運動すると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*